See more details
Title List

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージィーランド旅行

ニュージーランド オークランドでのデイクルーズとハーバー散策

1月下旬~2月上旬、待望のニュージーランド旅行に行き、セイリングの街オークランドでデイクルーズとハーバー散策を楽しみました。クルーズは当初、近郊のワイヘケ島への5時間クルーズを申し込みましたが、定員に達していたので1.5時間のハーバーセイリングに参加しました。(75NZドル/人) 他にディナークルーズ、ランチクルーズ、アメリカズカップ艇でのクルーズやマッチレース体験などもありました。
クルーズの前に海洋博物館に行き、いろいろな船、ヨット、アメリカズカップ艇、世界一周艇などの展示を見ました。素晴らしい内容で気が付けば2時間以上館内にいました。 
その後はハーバーに係留しているヨットやボート、クルーズに使用するアメリカズカップ艇、世界一周レース参加艇STAINLAGERなどを見て沢山写真を撮りました。いつまで見ても飽きませんでした。係留艇は50ftを超える豪華艇ばかりでクルーが整備してどの艇もピカピカでした。湾内には平日にもかかわらずセイリングを楽しむヨットが見えました。

海洋博物館              アメリカズカップ
豪華ヨット(80ftくらい)          アメリカズカップ使用艇

午後3時15分 いよいよセイリングが始まりました。使用船種は確認できませんでしたが、55ftのスループです。クルーはキャプテン兼スキッッパーと女性クルー、他に催行会社EXPLORE GROUPの女性が3名。乗客は我々を含め3組6名でした。
快晴、風速5~10mの好コンディションの中、跳ね上げ橋を通り、オークランド湾へ。
セイルアップしてセイリングスタート。乗客が順次交代して舵取り。私は長時間舵を握りたかったので最後にしました。キャプテンにヨット所有を伝えて信用?してもらい、長時間舵を取らせてもらいました。時々10mを超えるブローの中、クローズホールドでもさすが55ft、ヒールしながら艇速7kntでの安定した帆走です。タック、ジャイブをしながら湾内を
セイリング、オークランド市街やスカイタワーを海上から見る最高のひとときでした。途中、アメリカズカップ艇に出会い、ダイナミックなセイリングを見ることもできました。あっという間に素晴らしい時間が経ちました。機会があれば、ぜひまた、体験したいと思いました。

クルーズ使用艇(55ft)            湾内クルーズ

セイリング状況              跳ね上げ橋      



                                         ピーターパン 水谷節夫

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。